catch-img

自治体の事例で学ぶ健康ポイント効果

健康ポイント制度とは、地域住民の健康促進を目指し、歩数や健康診断の受診など健康に良い行動をポイント化し、そのポイントを特典と交換できる制度です。この記事では、健康ポイント制度の目的と期待される具体的な効果、さまざまな自治体での施策事例、そしてその普及促進方法について掘り下げていきます。


目次[非表示]

  1. 1.健康ポイント制度とは
    1. 1.1.健康ポイント制度の効果の目的
    2. 1.2.健康ポイント制度の期待される具体的な効果
  2. 2.自治体の健康ポイント施策事例
    1. 2.1.静岡県藤枝市「ふじえだ健康マイレージ」
    2. 2.2.熊本市 もっと健康!げんき!アップくまもと
    3. 2.3.徳島県 とくしま健康ポイントプロジェクト「テクとく 」 アプリ
  3. 3.健康ポイント施策の普及促進方法
    1. 3.1.普及促進のための啓発活動
    2. 3.2.健康ポイント施策の課題と克服策

健康ポイント制度とは


健康ポイント制度は、市民の健康促進を目的に、自治体が提供するポイントプログラムです。歩数計アプリの使用や健康診断の受診など、健康に良い行動を行うことでポイントが付与され、地域の商業施設での利用や公共施設の利用料割引などに使える仕組みを紹介します。

健康ポイント制度の効果の目的


健康ポイント制度は、自治体が住民の健康維持や健康寿命の延伸を目指し、生活習慣病の予防や健康づくりを支援するために導入しているプログラムです。特に若い世代や働き盛り世代に焦点を当てて、自主的な健康づくりを促進しようとするもので、スマートフォンアプリを通じて実施されることが多いです。

例えば、群馬県では「G-WALK+」アプリを利用して、歩数や体重、血圧の記録、健康イベントへの参加などの健康づくりに関する取り組みに対して健康ポイントを付与します。貯まったポイントに応じて特典が得られる仕組みで、利用者に楽しく気軽に健康維持を続けるモチベーションを提供します​。

健康ポイント制度は自治体によって異なる特色を持ち、山形市の「SUKSK(スクスク)」事業では、疾患予防を目的としており、歩数計アプリや専用歩数計を通じてポイントをためることができます。これらのポイントは地域内の協力店で利用可能で、事業所単位での参加も促されています。

他の自治体では、健康に関する様々なアクティビティを通じてポイントを獲得できる制度が設けられています。例えば、滋賀県では「BIWA-TEKU」アプリを、大阪府では「おおさか健活マイレージ アスマイル」アプリをそれぞれ運用し、ウォーキングや健康診断の受診、健康イベントへの参加などでポイントを付与します​。

これらの事例から、健康ポイント制度の目的は、住民の健康維持や健康寿命の延伸にあり、特に生活習慣病の予防や健康づくりに関心を持ちにくい世代への支援という点に注力しています。自治体によって様々な形で実施されており、参加しやすい方法やインセンティブの提供を通じて、住民の健康意識向上を図っています。

健康ポイント制度の期待される具体的な効果


健康ポイント制度の期待される具体的な効果は、参加自治体の事例から様々な形で確認できます。山形市の「SUKSK(スクスク)」事業では、疾患予防を目的として、日常的な活動(歩数の記録、健康診断の受診など)を通じてポイントを獲得し、地域内の協力店で特典やサービスが受けられます。また、事業所単位での参加も可能で、健康意識の向上だけでなく、コミュニティ全体の健康づくりに貢献しています​。

北広島市の「きたひろ健康ポイント事業」では、特に65歳以上の高齢者を対象に、健康づくりセミナーへの参加や温泉施設の利用などでポイントを付与。貯まったポイントは奨励金や地場産品と交換でき、高齢者の健康寿命延伸を目指しています​。

神奈川県横浜市の「よこはまウォーキングポイント」では、歩数計アプリを通じて歩数に応じてポイントを付与し、抽選で商品券等が当たる仕組みを導入。健康づくりを楽しく継続することを促進しています​。

これらの事例から、健康ポイント制度が具体的に期待できる効果として、住民の健康行動の促進、健康意識の向上、健康寿命の延伸が挙げられます。また、ポイント制度は自治体だけでなく、地域の商店や事業所との連携を深め、地域経済の活性化にも寄与する可能性があります。さらに、ポイントの交換方法や利用範囲の多様化(例えば、電子マネーへの交換が可能な自治体もあります)により、参加者にとって魅力的なインセンティブを提供し、より多くの住民の参加と継続を促すことができるでしょう​。

自治体の健康ポイント施策事例

自治体による健康ポイント施策は、市民の健康維持・向上を目指し、様々な形で展開されています。ここでは、全国各地の自治体がどのように健康ポイントを活用し、市民の生活に役立てているのかを具体的な事例をもとに紹介します。それぞれの施策には独自の特色があり、その効果や取り組みの詳細を深堀りしていきます。

静岡県藤枝市「ふじえだ健康マイレージ」


静岡県藤枝市で展開されている「ふじえだ健康マイレージ」は、市民が日常生活での健康行動を通してポイントを貯め、それを特典と交換することができるプログラムです。参加者は運動、食事、休養、歯のケア、体重管理といった5つの健康行動を実践することでポイントを獲得でき、特定健診の受診やイベントへの参加、ボランティア活動、禁煙などでボーナスポイントを得ることが可能です。プログラムは2週間のチャレンジ期間を設け、100ポイント以上を達成すると「ふじのくに健康いきいきカード」が発行されます。このカードを地域内の協力店で提示することで、様々な特典を受けられます。

藤枝市は「健康・予防日本一」を目指す取り組みの一環として、ふじえだ健康マイレージを含む複数のプロジェクトを推進しており、その結果、特定健診の受診率やがん検診受診率の向上、メタボ率の低下、後期高齢者医療費の削減など、顕著な成果を上げています​。また、このプログラムは「第1回 健康寿命をのばそう!アワード」で厚生労働省健康局長から優良賞を受賞しており、その社会的評価や啓発ツールとしての効果、経済的な費用対効果の高さが認められています​。

ふじえだ健康マイレージは、健康行動の習慣化や市民の健康意識の向上に貢献しており、その成功事例は他の自治体や関係機関からも注目されています。プログラムの詳細や参加方法については、藤枝市の公式ホームページで確認できます。

熊本市 もっと健康!げんき!アップくまもと


SBギフトが支援した事例として、熊本市の事例があります。
熊本市では「もっと健康!げんき!アップくまもと」という健康ポイントアプリを提供しています。このアプリは、日々の健康促進活動を行うことでポイントを獲得し、貯まったポイントで協力店等での特典を受けることができる仕組みです。健康診断の受診やウォーキングなど、さまざまな活動がポイント対象となります。

具体的には、アプリを通して以下のような活動がポイント獲得の対象となります。

  • 健康診断やがん検診を受診することで、通常のポイントに加え追加ポイントが付与されます。
  • 毎日のログインや、歩数に応じてポイントが獲得でき、特定の日数ログインすることでボーナスポイントが得られます。
  • お友達をアプリに紹介することで獲得できるポイントもあります。

また、貯まったポイントは、健康促進のためのプレゼント応募やクーポンの利用に使えます。さらに、アプリでは健康診断の結果をグラフで見ることができるなど、健康管理のサポート機能も充実しています。

このアプリは、熊本市をはじめとする熊本連携中枢都市圏の市町村で利用可能です。健康づくりを楽しみながら生活習慣の改善につなげ、健康増進や健康寿命の延伸を目指しています。

徳島県 とくしま健康ポイントプロジェクト「テクとく 」 アプリ

徳島県で展開されている「とくしま健康ポイントプロジェクト テクとく」は、健康行動を通じてポイントを獲得し、徳島県産品などと交換できるアプリを活用したプロジェクトです。このプロジェクトは、徳島県が健康意識の向上と日々の健康づくりを支援するために令和2年度から開始しました。アプリは無料でダウンロード可能で、プロフィール設定後、歩数や体重の登録、健康診断の受診、健康イベントへの参加などを通じて健康ポイントを貯めることができます。貯まったポイントに応じてランクカードが与えられ、そのランクに応じたプレゼントに応募することが可能です​。

アプリの特長としては、個人だけでなく、友達同士や企業・部署単位でのグループ参加も可能で、グループ間での競争や協力を通じてポイントを獲得する楽しみがあります。また、ミッションに参加することでポイントや賞品を得るチャンスがあり、体重や血圧、野菜の摂取量などの健康情報を入力して、日々の健康管理にも役立てることができます。

健康ポイントのプレゼントにはポチッとギフト

健康ポイント施策の普及促進方法


健康ポイント制度の普及には、効果的な啓発活動が不可欠です。自治体の成功事例を基に、施策の魅力と具体的な普及方法を考えます。

普及促進のための啓発活動


自治体による健康ポイント制度は、住民の健康行動を促すために設計されています。このような制度の普及と成功には、参加しやすさと住民への魅力的なインセンティブ提供が鍵を握っています。
山形市では「SUKSK(スクスク)」プログラムを通じて、食事、運動、休養、社会参加、禁煙・受動喫煙防止の5つの健康行動をポイント化し、住民の健康意識向上を図っています。参加者は日常活動を通じてポイントを貯め、特定のサービスや商品と交換することができます​。

静岡県では、「健康マイレージ」制度を導入しています。この制度では、運動や食事の改善、健康診断の受診など、健康づくりに関する活動を行った住民に「優待カード」を交付し、各種特典を提供しています。

大阪府では「アスマイル」アプリを通じて健康活動を記録し、記録に応じてデジタルギフトや賞品が当たる抽選に参加できる仕組みを提供しています。特に、初期段階でのダウンロード促進キャンペーンは、登録者数を大幅に増加させることに成功しました​。

これらの事例から、健康ポイント制度の成功には、住民が容易に参加できる仕組みと、魅力的なインセンティブの提供が重要であることがわかります。また、制度の認知度を高めるための積極的な啓発活動も不可欠です。このような取り組みを通じて、住民の健康行動を促し、地域社会全体での健康意識の向上を図ることが可能です。

健康ポイント施策の課題と克服策


健康ポイント施策の導入には多くの自治体が成功を収めていますが、同時に様々な課題も浮かび上がっています。これらの課題に対する効果的な克服策は、地域特有のニーズに応じてカスタマイズされるべきであり、成功事例から学ぶことが重要です。

一つの課題は、健康に対する関心が低い層の参加を促すことです。これを克服するために、いくつかの自治体ではイノベーター理論を応用し、早期採用者(アーリーアダプター)層をターゲットに設定しています。例えば、健康無関心層の意識を自然と変えるため、市町から活動量計を提供または貸与し、歩数データや体組成データを定期的に測定し、努力や成果をモニタリングできるシステムが導入されています。

また、デジタル技術の活用は、日常の努力や活動が可視化され、適正なポイント付与が可能になるなど、参加者が継続的に健康づくり活動に取り組む動機づけになっています。さらに、ICTの活用は、健康問題の解決だけでなく、地域経済の活性化にも繋がっており、参加者や商店側にもメリットがあります。

健康ポイント施策の成功には、住民の参加を促す魅力的なインセンティブの提供、デジタル技術を活用した参加者の努力や成果の可視化、そして地域特性に合わせた施策のカスタマイズが必要であることがわかります。これらのアプローチにより、健康無関心層を含む広範な層の参加を促し、健康づくり活動の長期的な継続を目指すことができます。

健康ポイント用のプレゼントにはポチッとギフト

​​​​​​​

法人事業部 熊谷 理子
法人事業部 熊谷 理子
2023年SBギフトに入社。法人営業として幅広い企業のお客様へデジタルギフトをご提案する傍ら、ブログの執筆などお客様のお役に立てるコンテンツを日々追究中。デジタルギフトのお悩みやキャンペーンのご相談などお気軽にお問い合わせください!

お知らせメール登録

使い⽅いろいろ、便利で簡単なデジタルギフト。

まずはデジタルギフトを
無料体験してみてください。

\ デジタルギフトを体験できる無料サンプル付!/

おすすめ資料

ポチっとギフトご案内資料

ポチッとギフトご案内資料

人気記事ランキング

タグ一覧