catch-img

デジタルクーポン入門 仕組みから導入事例まで徹底ガイド

デジタルクーポンは、現代のマーケティング戦略において重要な要素となっています。この記事では、デジタルクーポンの基本から導入事例まで、幅広く解説します。まずは、デジタルクーポンとは何か、そのメリットや仕組みを詳しく見ていきます。次に、デジタルクーポンを活用した顧客獲得やリピーター増加の方法を具体的に紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.デジタルクーポンとは?
    1. 1.1.デジタルクーポンのメリットとは?
    2. 1.2.デジタルクーポンの仕組みの理解
  2. 2.デジタルクーポン活用の具体的なアイデア
    1. 2.1.顧客獲得への活用法
    2. 2.2.リピーターの増加につなげる方法
  3. 3.デジタルクーポン運用のポイントと注意事項
    1. 3.1.クーポンの作成
    2. 3.2.配布方法について
    3. 3.3.効果測定と改善のための分析方法
  4. 4.デジタルクーポン導入事例
    1. 4.1.成功事例の紹介


デジタルクーポンとは?

デジタルクーポンとは、従来の紙で発行されていたクーポンをデジタル化したものです。これらはスマートフォンやパソコン上で発行、管理、利用が可能であり、デジタル化によって紙や印刷代、配布スタッフの人件費などのコスト削減が可能になります。利用者は特定のアプリをインストールしてクーポンを取得し、対象店舗で読み取ることで使用できます。デジタルクーポンの利点には紛失や持参忘れの防止が含まれます。また、自治体が発行するクーポンも近年電子化されており、利用者だけでなく自治体にもメリットがあります。

デジタルクーポンは店舗運営者にとっても注目されており、紙クーポンでは得られないメリットがあります。クーポン配信の費用対効果を高めたい店舗運営者にとっては、取り入れる価値がある施策です。総じて、デジタルクーポンは利便性が高く、コスト削減の観点からも多くの利点があり、様々な業界での採用が進んでいることがわかります。


デジタルクーポンのメリットとは?

企業が販促でデジタルクーポンを使用する際のメリットは複数あります。

メリット

説明

直接配信の利便性

顧客のスマホにクーポンを直接配信できるため、紙クーポンの手渡しやチラシ配布が不要​​

コストの削減

印刷・紙代や人件費が不要で、全体のコストを抑えられる​​

顧客データの収集

利用した顧客の属性や利用状況などのデータが収集しやすく、マーケティング戦略に活用できる​​

利用の容易さ

スマホで簡単に提示できるため、顧客に利用されやすく、高い集客効果が期待できる​​


以上の点から、デジタルクーポンは、コスト効率の良さ、顧客への直接的なアプローチ、データ収集の利点、利用のしやすさなど、複数の面で企業の販促に有効なツールとなります​​。


デジタルクーポンの仕組みの理解

デジタルクーポンは、Web上での配布と管理が可能で、紙のクーポンに代わる利便性の高い手段です。顧客はスマートフォンでクーポンを提示し、店舗側はスキャナで読み取ることで利用します。このシステムには、番号表示や顧客が操作する「利用済み」タイプなど様々な形式がありますが、基本的な利用手順は変わりません。デジタルクーポンには、割引や商品券タイプのほか、回数券や特定地域の共通クーポンタイプなど多様なバリエーションが存在します。また、作成したクーポンは選択したツールを通じて配布され、キャンペーンやセールと同時に発行するなど、配布タイミングは柔軟に設定できます​​​​​​​​。


デジタルクーポン活用の具体的なアイデア


デジタルクーポンは、今日の消費者が多く利用しているスマートフォンやウェブサービスを通じて、顧客との関係を強化し、新規顧客の獲得やリピーターの増加を促進する効果的なツールです。ここでは、デジタルクーポンを活用して顧客獲得を実現する方法と、顧客のリピート率を高める戦略について、具体的なアイデアを提案します。企業がデジタルクーポンを活用することで、どのように顧客体験を向上させ、ビジネスの成長につなげることができるのかを説明します。


顧客獲得への活用法

デジタルクーポンを活用した顧客獲得戦略は、複数のメリットと効果的な手段に基づいています。デジタルクーポンは、紙のクーポンをスマートフォンアプリ、QRコード、Webサイトから発行するもので、店舗側とユーザー側の双方に利便性が高いとされています​​。

具体的な活用方法としては、デジタルクーポンを店頭で提示したり、クーポン記載のコードをWebサイトに入力して割引を受けたりする方法があります​​。デジタルクーポンの主なメリットには、ユーザー情報の収集、ユーザーとの接点の増加、印刷費用の削減、クーポン配布費用の削減、クーポン企画から配布までの時間短縮などがあります​​​​​​。

さらに、デジタルクーポンはWebサイトやアプリ、メールなどで広範囲に配布でき、ユーザーはスマートフォン内に保存していつでも使用できるため、利用率が高くなります​​。SNSやECサイトの機能を活用してデジタルクーポンを配布することも可能で、すでに自社サービスを利用しているユーザーに対して個別のクーポンを配信でき、マーケティング効果も高まります​​​​​​。

自社のWebサイトやメールマガジンでクーポンを配布する方法もあり、クーポン作成ツールを使用してさまざまなクーポンを作成・配布できます​​。これらの戦略を通じて、新規顧客獲得に有効に活用することが可能です。


リピーターの増加につなげる方法

リピーター獲得におけるデジタルクーポンの活用には、戦略的なアプローチが求められます。特に重要なのは、ターゲットと目的を明確にし、購入を迷っている顧客に対して割引や特典を提供することです。このようなクーポン配布は、顧客の購入決断を後押しし、ブランドイメージを強化します​​。

また、クーポンには「今だけの特別感」を持たせるために有効期限を設定することが重要です。期限を設けることにより、顧客の来店を促し、再来店のサイクルを早めることができます​​。

店舗独自のアプリやSNSアカウントを利用してデジタルクーポンを配布することも有効です。こうしたデジタルメディアを通じて、顧客との新たなつながりを構築し、パーソナライズされたサービスの提供が可能になります​​。

さらに、顧客の嗜好や行動特性に合わせたパーソナライズされたクーポンを提供することで、顧客に特別感を与えることが可能です。プッシュ通知を利用することで、顧客にタイムリーにクーポン情報を伝え、関心を惹きつけることができます​​。

これらの手法を踏まえ、リピーター獲得に向けたデジタルクーポンの効果的な活用が実現できるでしょう。


デジタルクーポン運用のポイントと注意事項


デジタルクーポンの運用は、効果的なマーケティング戦略の一環として非常に有効ですが、その成功は適切な計画と実行に大きく依存します。ここでは、デジタルクーポンの効率的な作成、配布、効果測定のためのポイントと注意事項に焦点を当て説明します。


クーポンの作成

デジタルクーポンの作成は、新規顧客の獲得やリピート促進、顧客囲い込みに効果的な販促手段です。成功を収めるためには、クーポンの目的とターゲットを明確にし、単なる価格の安さではなく、特定の理由や価値を伝えることが重要です。

また、受け取った顧客が保存しやすい魅力的なデザインを採用することも効果的です。複数の選択肢を提供することで、顧客の関心を引き、パーソナライズにより個々の顧客の好みに合わせたオファーを行うことでリピート購入を促進します。ただし、クーポン作成時には、利用条件や有効期限を明確にし、景品表示法などの規制に注意する必要があります​​​​​​​​​​​​。


デジタルクーポンの作成・発行がかんたんにできる! モバイルクーポンシステム

  モバイルクーポンシステム - 法人向けデジタルギフトのSBギフト モバイルクーポンシステムはメールなどで簡単に配信可能。様々な販促・集客施策に活用できます。ひとつひとつ確実な利用認証をおこなうため、不正使用・二重利用を防止できます。 SBギフト株式会社


配布方法について

デジタルクーポンの配布方法には様々な手法があります。以下のポイントは配布戦略の基本です。

配布方法

概要

特徴

SNSの活用

LINE公式アカウントやInstagram、Twitterなどを通じてクーポンを配信

自店舗に興味のあるユーザーへ直接届けられるため、高い利用率が期待できる

店舗アプリの利用

自社アプリ内でクーポンを配布

顧客のスマートフォンに直接届けられるが、アプリの新規インストールが必要

グルメサイトを利用

「ホットペッパーグルメ」や「ぐるなび」などで配布

大きな集客力があり、多くの顧客にリーチ可能だが、有料会員登録が必須の場合が多い

メール配信サービス

メール配信サービスを通じてモバイルクーポンを配布

適切なKPIの設定や、大量のメール配信が可能で、クーポン画像の作成が容易なサービスを選ぶ必要がある


これらの配布方法を適切に組み合わせることで、デジタルクーポンの効果を最大限に高めることができます。それぞれの方法には特有のメリットがあり、ターゲット顧客やビジネスの特性に応じて最適な配布手段を選択することが重要です。


効果測定と改善のための分析方法

デジタルクーポンの効果測定と改善のための分析においては、A/Bテストの実施が有効です。このテストでは、ユーザーをグループに分け、一方にはクーポンを提示し、もう一方には提示しないことで、クーポンの直接的な影響を測定します。また、効果測定には「クーポン1枚当たりの売上」が重要な指標となります。これには平均客単価と平均1組人数のデータが必要です。さらに、クーポン施策の全体的な効果を評価するためには、「期待効果」の考慮も不可欠です。これは、クーポンを利用した新規顧客がどれだけリピーターになるかを測る指標であり、長期的な顧客関係の構築に重要です​​​​。


デジタルクーポン導入事例

デジタルクーポンの導入事例を紹介します。さまざまな業界における成功事例を紹介し、どのようにして各企業がデジタルクーポンを活用してビジネスを拡大し、顧客満足度を向上させたのかを詳しく見ていきます。


成功事例の紹介

川崎フロンターレは、ファンクラブ会員に提供する特典の一環として、オフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ」で使用できる割引クーポンをデジタル化しました。従来は紙クーポンでの配布を行っていましたが、発送に多くの工数がかかり、送料や原材料費の高騰の影響も受けていました。

クーポンのデジタル化により、約48,000人の会員に様々なクーポン配布が可能になり、お客様満足度の向上を図りました。これにより、効率的かつ迅速なクーポン配布が実現し、顧客サービスの向上に寄与しました。


川崎フロンターレの事例についてくわしくはこちら

  【モバイルクーポンシステム導入事例】川崎フロンターレ様 ファンクラブ会員特典クーポン 川崎フロンターレ公式ファンクラブ会員様特典の1つで オフィシャルグッズショップ「アズーロ・ネロ」で使える割引クーポンとして採用。 SBギフト株式会社


川崎フロンターレの事例で利用されている「モバイルクーポンシステム」はこちら

  モバイルクーポンシステム - 法人向けデジタルギフトのSBギフト モバイルクーポンシステムはメールなどで簡単に配信可能。様々な販促・集客施策に活用できます。ひとつひとつ確実な利用認証をおこなうため、不正使用・二重利用を防止できます。 SBギフト株式会社


「モバイルクーポンシステム」を活用してメルマガの登録数・来店頻度を向上させた事例はこちら

  ご来店いただけるお客様とのコミュニケーションを強化し、 行動の把握を可能とした「モバイルクーポンシステム」- 法人向けデジタルギフトのSBギフト 1957年創業で、大手小売業のダイエー様は、これまでもネットを積極的に活用してこられました。通常のメルマガ配信は約10年前から、携帯向け配信は約3年前から取り組まれ、日々のお買い得情報をお客様に届けています。ただ、従来は配信情報を見たお客様が実際にどれくらい来店されているのかを正確に把握する手段はありませんでした。そこで、メルマガで電子クーポンを発行し、店頭で値引きやプレゼント交換を行えるSBギフトの「モバイルクーポンシステム」の導入を決定しました。 SBギフト株式会社


集客・客単価の向上に「電子クーポン」を活用した事例はこちら

  集客・購入促進に「電子クーポン」 顧客の行動をベースに販促を支援- 法人向けデジタルギフトのSBギフト 2010年9月から12月にかけて計4回、「無印良品ネットストア」の会員に池袋西武店と有楽町店で使える電子クーポンを送るキャンペーンを実施した株式会社良品計画 WEB事業部長 奥谷孝司氏にサービスの魅力を聞きました。 SBギフト株式会社




法人事業部 定松 礼倫
法人事業部 定松 礼倫
バンダイナムコゲームスおよび福岡ソフトバンクホークスを経て、SBギフト株式会社に入社。広範な業界経験を活かし、法人向け販促活動やマーケティング戦略立案・実行を担当。特に法人キャンペーン支援において、多数の成功事例を創出してきました。顧客獲得と販促活動でお悩みの企業様、豊富なノウハウを元にした解決策をご提案いたします。お気軽にご相談ください!

お知らせメール登録

使い⽅いろいろ、便利で簡単なデジタルギフト。

まずはデジタルギフトを
無料体験してみてください。

\ デジタルギフトを体験できる無料サンプル付!/

おすすめ資料

ポチっとギフトご案内資料

ポチッとギフトご案内資料

人気記事ランキング

タグ一覧