catch-img

アンケートの回答率を高める効果的な依頼方法とは


アンケートは、顧客の意見やニーズを把握するために欠かせない手段ですが、回答率の低さに悩む企業も多いのではないでしょうか。せっかく作成したアンケートも、回答してもらえなければ意味がありません。そこで本記事では、アンケート回答へのお願いを効果的に行うためのポイントと、回答率を上げるための具体的な方法を解説します。アンケートの目的を明確にし、デザインや操作性を改善するなどの工夫を行うことで、回答者のモチベーションを高め、回答率の向上につなげることができるでしょう。アンケートの回答率に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

目次[非表示]

  1. 1.アンケート回答へのお願いを効果的に行うためのポイント
    1. 1.1.アンケートの目的を明確にする
    2. 1.2.アンケートフォームのデザインや操作性の改善
    3. 1.3.回答のモチベーションを高める報酬を用意する
    4. 1.4.結果報告をする
  2. 2.アンケート回答率を上げるための具体的な方法
    1. 2.1.アンケートであることや特典を伝え、開封したくなるような件名にする
    2. 2.2.所要時間・設問数を明記する
    3. 2.3.アンケート実施期間や締切を設定する
    4. 2.4.回答URLをファーストビューに記載する
    5. 2.5.質問をシンプルかつ明確にする


アンケート回答へのお願いを効果的に行うためのポイント

アンケート回答へのお願いを効果的に行うためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。ここでは、アンケートの目的を明確にすること、アンケートフォームのデザインや操作性を改善すること、回答のモチベーションを高める報酬を用意すること、結果報告をすることの4つのポイントについて詳しく説明します。これらのポイントを意識してアンケートを設計・実施することで、回答者の協力を得やすくなり、回答率の向上につながるでしょう。


アンケートの目的を明確にする

アンケートを実施する際、その目的を明確にすることは非常に重要です。なぜなら、アンケートは目的達成のための手段であり、目的がなければ意味がないからです。目的を明確にすることで、適切な質問内容や集計方法、ターゲットを設定することができます。また、回答者にアンケートの目的を伝えることで、協力を得やすくなるというメリットもあります。

では、具体的にどのように目的を明確にすればよいのでしょうか。まず、「何を達成したいのか」「どのような改善を図りたいのか」を具体的に設定することが大切です。例えば、「満足度の測定」「閲覧状況の把握」「企画の募集」などが考えられます。そして、その目的に合わせて、質問内容や回答形式、ターゲット層を決定していきます。

目的を明確にすることで、アンケート結果から意図した成果を得られ、次のアクションにつなげやすくなります。一方で、無目的なアンケートでは、結果を活かせず無駄になる恐れがあります。


アンケートフォームのデザインや操作性の改善

アンケートの回答率を上げるためには、アンケートフォームのデザインや操作性を改善することが重要です。なぜなら、アンケートフォームが使いづらいと、回答者が回答を断念してしまう可能性があるからです。

では、具体的にどのようにデザインや操作性を向上させればよいのでしょうか。まず、デザインに関しては、シンプルでわかりやすいものにすることで、回答者の負担を軽減できます。質問文や選択肢は明確で簡潔に記載し、誤解を招かないようにすることが大切です。また、フォントやレイアウトを工夫し、読みやすさを高めることも重要でしょう。

次に、操作性についてです。スマートフォンでも快適に回答できるよう、レスポンシブデザインを採用することが望ましいです。また、進捗状況を表示し、回答者が残り回答数を把握できるようにすると、回答を完了しやすくなります。さらに、入力ミスを防ぐため、入力値のチェック機能を設けることも有効な方法の一つです。

このように、アンケートフォームのデザインと操作性を向上させることで、回答者がストレスなく回答できるようになります。その結果、回答率の向上が期待できます。


回答のモチベーションを高める報酬を用意する

アンケートの回答率を高めるためには、回答者のモチベーションを高める報酬やインセンティブを用意することが重要です。これは、回答者に直接的な利益や承認欲求を満たす機会を提供することで、アンケートへの関心を引き付けることができるからです。

報酬には、金銭的報酬と非金銭的報酬の2種類があります。金銭的報酬としては、現金、ギフトカード、クーポン券、抽選で現金や商品を提供するなどの方法が効果的です。これらは回答者に直接的な利益を提供するため、関心を引きやすくなります。一方、非金銭的報酬としては、無料サービスやサンプルの提供、デジタルギフトなどが考えられます。これらは回答者の承認欲求を満たすことができます。

報酬の種類を選ぶ際は、アンケートの目的や回答者の興味に合わせて検討することが重要です。例えば、若者向けのアンケートであれば、人気のギフトカードやデジタルギフトが効果的かもしれません。一方、主婦向けのアンケートであれば、生活に役立つクーポン券や無料サンプルが喜ばれるでしょう。

このように、適切な報酬を用意することで、回答者のモチベーションを高め、アンケート回答率の向上が期待できます。報酬は、回答者に対する企業の感謝の気持ちを表すものでもあります。

アンケートの報酬には送料がかからないデジタルギフトが向いており、中でもSBギフトの「ポチッとギフト」がおすすめです。


結果報告をする

アンケートを実施する際、企業が結果報告を行うことは非常に重要です。なぜなら、結果報告は単にアンケート結果を伝えるだけではなく、お客様とのコミュニケーションの機会となり、信頼関係を深める良い機会となるからです。

結果報告を行うことで、企業はお客様の意見を尊重し、それを反映しようとする姿勢を示すことができます。これにより、次回のアンケート協力につながり、お客様との信頼関係を深められます。つまり、結果報告は自社のサービス向上に向けた大切な取り組みであると位置付けることができるのです。

では、具体的にどのように結果報告を行えばよいのでしょうか。方法としては、メールでの報告、ウェブサイト上での公開、アンケート回答時に結果送付を希望する旨を確認し希望者にのみ送付するなどが考えられます。いずれの方法を取るにしても、お客様にとって分かりやすく、興味を持ってもらえる工夫が必要です。単に数値を並べるのではなく、グラフ化したり、解説を加えたりするなどの工夫をすることが大切でしょう。

このように、企業はアンケートを通じてお客様の声に耳を傾け、サービス向上につなげていく姿勢が重要です。そして、結果報告はその一環として欠かせません。

アンケート回答率を上げるための具体的な方法

アンケートの回答率を上げるためには、具体的な方法を実践することが重要です。ここでは、件名の工夫、所要時間・設問数の明記、実施期間や締切の設定、回答URLの配置、質問の明確化など、5つの効果的な方法について詳しく解説します。これらの方法を適切に組み合わせることで、回答者の心理的ハードルを下げ、アンケートに答えてもらいやすくなります。アンケートの回答率を上げたい方は、ぜひこれらの方法を実践してみてください。


アンケートであることや特典を伝え、開封したくなるような件名にする

アンケートの回答率を上げるためには、アンケート依頼メールの件名を工夫することが重要です。なぜなら、件名は受信者が開封するかどうかに大きく影響するからです。

具体的には、件名にアンケートであることを明確に伝え、特典があればその内容を記載することが効果的です。また、簡潔で分かりやすい言葉を使うことも大切でしょう。例えば、「【アンケートにご協力ください】Amazonギフト券500円分プレゼント」のような件名にすれば、アンケートであり、特典としてAmazonギフト券がもらえることが一目で分かります。

このように、件名でアンケートであることと回答者にとってのメリットを明確に伝えることで、受信者の関心を引き、開封率を上げることができます。開封されなければ、アンケートに回答してもらえる機会すらありません。つまり、開封率を上げることが、回答率向上の第一歩です。

アンケートの特典にはデジタルギフト「ポチッとギフト」がおすすめです。


所要時間・設問数を明記する

アンケートの回答率を上げるためには、所要時間と設問数を明記することが重要です。なぜなら、これらの情報を提示することで、回答者に「手軽に回答できる」という安心感を与えることができるからです。

まず、アンケートに回答するのにかかる時間を明記することで、回答者は時間的な負担を感じにくくなります。一般的には、3分程度が目安とされています。回答に要する時間を依頼メールに記載することで、回答率の向上が期待できます。

次に、設問数についてです。設問数が多すぎると回答者の負担になり、回答率が下がる可能性があります。そのため、設問数は15〜18問程度にまとめるのが無難とされています。設問数が多すぎないことを明記することで、回答者は手間がかからないと感じ、回答しやすくなるでしょう。

このように、設問数と所要時間を明記することで、回答者に対して「手軽に回答できる」というメッセージを伝えることができます。これにより、アンケートの回答率を上げることにつながります。


アンケート実施期間や締切を設定する

アンケートの回答率を上げるためには、アンケート実施期間や締切を設定することが重要です。なぜなら、回答期限を設けることで、回答者に「期限までに回答しなければならない」という意識を持たせることができるからです。

具体的には、締め切りが明確にわからないと、回答が後回しにされがちです。そのため、アンケートの冒頭や案内メールなどで、回答期限を明示的に記載することが大切です。また、回答期限までの残り日数を視覚的に表示したり、「回答にお進みください」といった行動を促すメッセージを添えることで、さらに回答率アップが期待できます。

ただし、期限を設けすぎると回答者に過度の心理的プレッシャーをかけてしまう可能性があります。そのため、対象者の属性を考慮し、適切な回答期間を設定する必要があります。例えば、高齢者を対象とする場合は、若年層よりも長めの期間を設けるなど、柔軟な対応が求められます。

このように、アンケートの実施期間や締切を適切に設定することで、回答者に回答を促し、回答率の向上が見込めます。


回答URLをファーストビューに記載する

アンケートの回答率を上げるためには、回答URLをファーストビューに記載することが重要です。なぜなら、ファーストビューに記載することで、ユーザーが回答URLを見つけやすくなり、回答しやすくなるからです。

ファーストビューとは、メールを開いた際に最初に表示される範囲のことを指します。一方で、回答URLが文章の最後の方に記載されている場合、ユーザーはスクロールして回答URLを探す手間がかかります。この手間がかかることで、一部のユーザーが離脱してしまう可能性があります。


質問をシンプルかつ明確にする

アンケートの回答率を上げるためには、質問をシンプルかつ明確にすることが重要です。なぜなら、シンプルで明確な質問は回答者の負担を軽減し、回答意欲を高めることができるからです。

まず、質問をシンプルにするためには、簡潔で分かりやすい言葉を使うことが大切です。長い複雑な質問や、1つの質問で複数の内容を尋ねることは避けましょう。また、専門用語ではなく一般的な言葉を使うことも重要です。シンプルな質問にすることで、回答者が質問の意図を正しく理解でき、回答しやすくなります。反対に、複雑な質問は回答者を混乱させ、回答率の低下につながります。

次に、質問を明確にすることも大切です。質問の意図が曖昧だと、回答者は戸惑ってしまいます。質問の対象や範囲を明確にし、例えば「最近」という表現は避け、具体的な期間を示すようにしましょう。また、選択肢が明確で重複がないことも重要です。明確な質問にすることで、回答者が質問の意図を正しく捉えられ、適切に回答できるようになります。

このように、質問をシンプルかつ明確にすることで、回答者の負担を軽減し、アンケートへの回答意欲を高めることができます。その結果、回答率の向上が期待できます。

法人事業部 定松 礼倫
法人事業部 定松 礼倫
バンダイナムコゲームスおよび福岡ソフトバンクホークスを経て、SBギフト株式会社に入社。広範な業界経験を活かし、法人向け販促活動やマーケティング戦略立案・実行を担当。特に法人キャンペーン支援において、多数の成功事例を創出してきました。顧客獲得と販促活動でお悩みの企業様、豊富なノウハウを元にした解決策をご提案いたします。お気軽にご相談ください!

お知らせメール登録

使い⽅いろいろ、便利で簡単なデジタルギフト。

まずはデジタルギフトを
無料体験してみてください。

\ デジタルギフトを体験できる無料サンプル付!/

おすすめ資料

ポチっとギフトご案内資料

ポチッとギフトご案内資料

人気記事ランキング

タグ一覧