catch-img

アンケート回答率を上げる設計方法と手段とは?効果的なインセンティブも紹介


目次[非表示]

  1. 1.回答率向上のために効果的なアンケートの設計
    1. 1.1.興味を引く質問から開始する
    2. 1.2.簡潔で分かりやすい質問文を使用する
    3. 1.3.関連性の高い質問をまとめて配置する
    4. 1.4.回答項目の選択肢を具体的かつバリエーション豊かにする
    5. 1.5.回答時間を短縮するためにスキップ可能な質問を挿入する
    6. 1.6.自由記述方式の質問を回答しやすくする工夫をする
  2. 2.アンケート回答率向上の方法
    1. 2.1.参加者にアンケートの主旨・重要性を伝える
    2. 2.2.回答に要する時間を記載する
    3. 2.3.謝礼・インセンティブを用意する
  3. 3.アンケート回答率を上げるための謝礼・インセンティブ
    1. 3.1.プレゼントや景品を提供する
    2. 3.2.無料サービスやサンプルを提供する

回答率向上のために効果的なアンケートの設計


アンケートの設計は、回答率を向上させるために重要です。多くの場合、アンケートは利用者の意見やフィードバックを収集するための手段として利用されますが、その回答率には大きな差があります。効果的なアンケートを設計するためには、受け手の関心を引き、簡潔かつ明確な質問を通じて、彼らの意見を正確かつ効率的に収集することが重要です。

興味を引く質問から開始する


アンケートの回答率を高めるためには、興味を引く質問の設計が欠かせません。まず、アンケートの目的を明確にし、回答者にその理由を伝えることが重要です。個人情報の取り扱いには細心の注意を払い、不必要な情報は求めないようにします。質問数は適切に抑え、回答者の負担を軽減することも大切です。質問の仕方に工夫を加え、簡潔かつ明瞭にし、質問の順序も混乱を避けるようにします。また、回答者にメリットを提示することで、積極的な協力を促すことができます。これらの要素を踏まえた質問設計によって、アンケートの回答率は大きく改善される可能性があります。

簡潔で分かりやすい質問文を使用する


アンケートの質問文は、読み手にとって明解で理解しやすいものである必要があります。質問文が長く複雑だと、回答者は混乱しやすく、アンケートから離脱する可能性が高くなります。例えば、過度に長い質問文は「◯◯を1週間のうち、どれくらいの頻度で利用しますか。もっとも近いものを選んでください。」よりも「◯◯の利用頻度を教えてください。」と簡潔にすることが推奨されます。さらに、一般的でない単語や専門用語は避けるべきです。このような言葉は回答者によって異なる解釈を招く可能性があり、結果として正確なデータの収集に影響を及ぼす可能性があります。
また、アンケートの質問文では「ダブルバーレル」と呼ばれる、2つ以上の項目を1つの質問に含めることを避けるべきです。例えば「品質・料金は満足いただけましたか?」という質問では、「品質」と「料金」を別々の質問に分割することが望ましいです。このような質問方法は回答者に混乱をもたらし、正確な回答が得られない可能性があるためです​​。

回答率を高めるためには、調査の意図を明確にし、誰に回答してもらいたいかをわかりやすくすることが重要です。また、質問内容がわかりにくかったり、自分に合った選択肢がなかったり、自由回答が過度に多かったりすると、回答率が低下します。質問を飛ばす場合でも、次にどの質問に答えるべきかが明確でなければなりません​​。

総合すると、アンケートの質問文は簡潔で明瞭、誰もが理解しやすいものであるべきです。質問文の長さや複雑さを最小限に抑えること、ダブルバーレルを避けること、そして調査の意図を明確にすることが重要となります。これにより、回答者はアンケートに対してポジティブな印象を持ち、回答率の向上が期待できます。

関連性の高い質問をまとめて配置する


アンケートの質問を効果的に配置することは、回答率を高める上で重要です。関連性の高い質問をグループ化し、論理的な順序に従って配置することで、回答者は質問への回答を容易に行えます。例えば、製品の利用状況に関する質問はまとめて配置し、その後に満足度に関する質問を続けるなどの方法が考えられます。これにより、回答者はひとつのトピックに集中して回答でき、アンケート全体の流れもスムーズになります。

また、質問のグループ化は、回答者の関心や知識の範囲に基づいて行うことが効果的です。例えば、特定の製品に関する深い知識が必要な質問は、その製品を頻繁に使用する回答者向けにグループ化することで、より正確で有意義な回答を得ることができます。これにより、回答者は自分の経験や知識に基づいて質問に答えることができ、アンケートへの関与も高まります。

関連性の高い質問をまとめて配置することにより、回答者は質問に対してより深い理解を持ち、より質の高い回答を提供しやすくなります。この方法は、アンケートの目的に沿った効果的な回答を集めるために有効でしょう。

回答項目の選択肢を具体的かつバリエーション豊かにする


アンケートの回答項目を具体的かつバリエーション豊かにするためのポイントを以下にまとめます。

ポイント

説明

ドロップダウンの使用を最小限に

選択肢が少ない場合はドロップダウンを避け、全ての選択項目を表示​​。

必須項目と任意項目の明示

任意項目と必須項目を明確に区別し、「任意」と表示​​。

目的、所要時間、期限の明確化

アンケートの目的、所要時間の目安、回答期限を冒頭に記載​​。

個人情報の要求を最小限に

個人情報は必要最低限にし、避けることを推奨​​。

質問数の適正化

回答者の負担を軽減するために、質問数を適切に抑える​​。

明瞭で簡潔な質問文

質問文は明瞭で短くし、専門用語の使用を避ける​​。

これらのポイントに注意を払うことで、アンケートの回答項目が具体的かつバリエーション豊かになり、回答率の向上につながる可能性があります。

回答時間を短縮するためにスキップ可能な質問を挿入する


アンケートの回答率を高めるためには、回答時間の短縮が重要です。スキップ可能な質問を挿入することで、回答者は自分に関連のない質問をパスし、関心のある質問に集中できます。例えば、特定の製品やサービスに関連する質問は、その製品を利用していない回答者がスキップできるようにすることが有効です。これにより、回答者はアンケートに関するストレスを減らし、興味のある項目に焦点を当てやすくなります。また、アンケートの長さや複雑さが減少するため、より多くの人々がアンケートに回答する可能性が高まります。回答者がアンケートをスムーズに進められるように、質問の重要性と関連性を考慮して、スキップ可能な質問を適切に配置することが鍵となります。

自由記述方式の質問を回答しやすくする工夫をする


アンケートで自由記述方式の質問を用いる際、回答率を高めるための工夫は重要です。まず、自由記述形式の設問は回答者にとって心理的、時間的な負担が大きくなりがちであり、これを軽減するためにアンケートの前半部分には設定しない方が良いとされています​​。また、自由記述の設問は、特に重要なポイントに絞り、1リサーチあたり5問までにすることが推奨されています​​。

回答者の負担を軽減するため、自由記述回答では、質問を重要なポイントに絞り、回答者にとって過度の負担にならないようアンケートのバランスを調整することが求められます​​​​。さらに、ネガティブな感情をきっかけにすることで、回答者から意見を引き出しやすくなります。例えば、「従業員のサービスについて不満な点がありましたら、自由にご記入ください」といった質問設定は、回答率を高めるのに有効です​​。

これらのポイントを踏まえた自由記述方式の質問は、アンケートの有効性を高め、回答率向上に寄与するでしょう。

アンケート回答率向上の方法


アンケート回答率の向上は、データ収集や市場調査において非常に重要な要素です。そのためには、参加者の関心と協力を引き出す工夫が必要となります。ここでは、アンケートの回答率を効果的に高めるための具体的な方法を紹介します。

参加者にアンケートの主旨・重要性を伝える


アンケート回答率を上げるためには、回答者にアンケートの主旨と重要性を明確に伝えることが効果的です。これにより、回答者は「なぜ自分がこのアンケートに回答する必要があるのか」や「アンケートの目的は何か」を理解し、回答する動機付けが明確になります。主旨を伝える際は、アンケートの目的、使用方法、対象者を具体的に示すことが重要です。例えば、アンケートが何を目的としているか、収集したデータがどのように利用されるか、どのような対象者からの回答を求めているかを明確にすると良いでしょう。こうすることで、回答者の疑問や不安を解消し、回答率を高めることが可能です。

回答に要する時間を記載する


アンケートの回答所要時間を事前に明示することは、回答率を向上させる重要な要素です。多すぎる質問や長時間を要するアンケートは、回答者に負担を与え、回答完遂率を下げる可能性があります。例えば、M Galesicの2009年の研究では、モチベーションが高い回答者でも、長時間のアンケートは脱落を引き起こすことが示されています。また、SurveyMonkey社や日本マーケティングリサーチ協会(JMRA)の調査によると、アンケートの理想的な所要時間は10分以内であり、これは80%以上の回答者が10分以内の回答を望んでいることに基づいています。このため、アンケートの回答時間を事前に伝え、可能な限り短く設定することが推奨されます。

謝礼・インセンティブを用意する


アンケート回答率を高めるためには、謝礼やインセンティブの用意が効果的です。インセンティブには、金銭的なものと非金銭的なものがあります。金銭的インセンティブには現金、小切手、為替、ギフトカード、クーポンなどが含まれ、これらは具体的な金額で表されることが多く、ターゲットにとって魅力的な金額設定が重要です。非金銭的インセンティブには、文房具、記念品、寄付、イベントへの参加権などがあり、ターゲット層のニーズに合った選択が求められます​​​​​​。

回答率を上げるためには、以下の3つのポイントが重要です。

ターゲットのニーズに合ったインセンティブを選ぶ​​。
回答にかかる時間に合わせて金額を決める。アンケートの種類や回答方法により、所要時間が異なるため、それに見合ったインセンティブを用意することが重要です​​。
抽選式で希少性を演出し、参加者に「この機会を逃したら損をするかも」と感じさせることで、協力を得やすくなります​​。

これらのポイントを踏まえ、アンケートの目的やターゲット層に応じて最適なインセンティブを選択することが、回答率向上の鍵となります。

アンケート謝礼・インセンティブに最適なポチッとギフト

  店舗受取型デジタルギフト「ポチッとギフト」- 法人向けデジタルギフトのSBギフト 店舗受取型デジタルギフト「ポチッとギフト」とは、キャンペーンや販促で配布するノベルティや景品を手間をかけずに贈ることができるサービスです。 SBギフト株式会社

アンケート景品の解説記事もご覧ください。

  喜ばれるアンケートの景品とは?景表法のチェックポイントも解説 アンケートで利用する景品には、景表法に注意が必要です。この記事では、喜ばれる景品のアイデアを紹介しながら、法律に違反しない範囲で選ぶポイントも解説します。アンケートを行う際にはぜひ参考にしてみてください。 SBギフト株式会社



アンケート回答率を上げるための謝礼・インセンティブ


アンケートの回答率を向上させるためには、参加者に対する適切な謝礼やインセンティブの提供が非常に効果的です。人々は、自分の意見や時間を提供する見返りとして、何らかの報酬を期待する傾向にあります。ここでは、アンケートの回答率を高めるために効果的な謝礼の種類と、それらをどのように活用すべきかについて解説します。

プレゼントや景品を提供する


アンケート回答率を上げるための景品やプレゼントの提供は、企業にとって重要な戦略です。金銭的インセンティブとしては、現金、クーポン、ギフトカードなどがあり、これらは回答者に直接的な価値を提供し、幅広い層に受け入れられやすいです。非金銭的インセンティブには、記念品や限定品、特別なサービスが含まれ、特定の興味や趣味を持つ人々に魅力的です。アンケートの目的やターゲット層に応じた適切な景品選定が、アンケートの成功に大きく寄与します​​​​​​。

アンケート景品についてはこちらの記事でも解説しております。あわせてご覧ください。

  喜ばれるアンケートの景品とは?景表法のチェックポイントも解説 アンケートで利用する景品には、景表法に注意が必要です。この記事では、喜ばれる景品のアイデアを紹介しながら、法律に違反しない範囲で選ぶポイントも解説します。アンケートを行う際にはぜひ参考にしてみてください。 SBギフト株式会社


無料サービスやサンプルを提供する


アンケートの回答率を上げるためには、謝礼やインセンティブの提供が重要です。参加者に対して「得をする」という感覚を持たせることが、回答率向上の鍵となります。インセンティブは、景品や現金、ギフトカードなどの形で提供されることが多く、参加者への感謝の意を示すとともに、回答率の向上を促します​​。

特に、対象となる母集団に魅力的なインセンティブを選ぶことが重要です。例えば、ビジネスマンや医者など裕福層に対しては、少額の金銭的インセンティブではなく、社会貢献や独特なメリットを提示することが効果的です​​。

また、アンケートの目的や回答者の興味に合わせて、無料サービスやサンプルの提供も有効な手段です。例えば、デジタルギフトのような、オンラインで贈ることができる謝礼は、直接的な利益を提供し、回答者に喜ばれるでしょう​​。さらに、特典やプレゼントを用意することで、より多くの回答サンプルを集めることが可能になります。これらのインセンティブは、抽選で提供する方法もありますが、その際は回答内容と当選の関係を明記して、回答にバイアスがかからないようにすることが大切です​​。

アンケート謝礼・インセンティブに最適なポチッとギフト

  店舗受取型デジタルギフト「ポチッとギフト」- 法人向けデジタルギフトのSBギフト 店舗受取型デジタルギフト「ポチッとギフト」とは、キャンペーンや販促で配布するノベルティや景品を手間をかけずに贈ることができるサービスです。 SBギフト株式会社



お知らせメール登録

使い⽅いろいろ、便利で簡単なデジタルギフト。

まずはデジタルギフトを
無料体験してみてください。

\ デジタルギフトを体験できる無料サンプル付!/

おすすめ資料

ポチっとギフトご案内資料

ポチッとギフトご案内資料

人気記事ランキング

タグ一覧