catch-img

ペーパーレスのメリット・成功へのポイント徹底解説


ペーパーレス化は、業務効率の向上や環境負荷の軽減など、企業にとって多くのメリットをもたらします。一方で、情報セキュリティやITリテラシーの問題など、解決すべき課題も存在します。本記事では、ペーパーレス化のメリットと課題を整理し、成功のためのポイントを解説します。デジタル文書管理ツールの導入や社内教育の実施など、具体的な取り組み方法も紹介するので、ペーパーレス化を検討している企業の担当者は必見です。


目次[非表示]

  1. 1.ペーパーレスのメリット
    1. 1.1.情報の検索・共有の容易さ、業務効率の向上
    2. 1.2.環境への負荷軽減・SDGsへの対応
    3. 1.3.電子帳簿保存法などの法律の改正への対応
  2. 2.ペーパーレスの課題と解決策
    1. 2.1.情報漏洩・セキュリティリスクへの対策
    2. 2.2. ITリテラシーが求められる
  3. 3.ペーパーレス化成功のポイント
    1. 3.1.デジタル文書管理ツールの選定・導入
    2. 3.2.全社的な取り組みの推進・研修や教育の実施
    3. 3.3.目標設定と評価の明確化
    4. 3.4.社内コミュニケーションの強化・ノウハウの共有と普及


ペーパーレスのメリット

ペーパーレス化には、業務効率の向上や環境負荷の軽減など、様々なメリットがあります。ここでは、情報の検索・共有の容易さによる業務効率化、SDGsへの対応、電子帳簿保存法などの法律改正への対応といった、ペーパーレス化の主要なメリットについて説明します。これらのメリットを理解することで、ペーパーレス化の重要性と実施の意義がより明確になるでしょう。


情報の検索・共有の容易さ、業務効率の向上

ペーパーレス化を推進することで、企業は情報の検索・共有の容易さによる業務効率の向上というメリットを得られます。紙の書類や資料をデジタルデータ化することで、キーワード検索が可能になり、必要な情報にすばやくアクセスできるようになります。また、クラウドストレージなどを活用して、いつでもどこからでも最新の情報を共有できるようになり、複数人で同時に資料を閲覧・編集できるため、効率的な情報共有が可能になります。

情報の検索・共有が容易になることで、資料の探索や準備、配布などの手間が省け、最新情報を常に把握できるため、手戻りや無駄な作業が減少します。承認プロセスが電子化され、意思決定のスピードが上がり、リモートワークが容易になることで、移動時間の削減や多様な働き方に対応できるようになります。

このように、ペーパーレス化により情報の利活用が促進され、大幅な業務効率化と生産性向上が期待できます。企業はペーパーレス化を推進することで、情報の検索・共有の容易さによる業務効率の向上というメリットが得られます。


環境への負荷軽減・SDGsへの対応

ペーパーレス化を推進することで、企業は環境負荷の軽減とSDGsへの貢献というメリットを得られます。ペーパーレス化により、紙の使用量が減ることで森林資源の保護につながり、紙の生産に伴う二酸化炭素排出量が削減されます。

ペーパーレス化は環境負荷軽減を通じてSDGsに直接貢献できるだけでなく、業務効率化やコスト削減などのメリットを通じて、目標8「働きがいも経済成長も」にも間接的に貢献できます。つまり、ペーパーレス化の推進は、企業がSDGsに取り組む良い入り口となり得るのです。実際、ペーパーレス化に取り組んでいる企業の8割がメリットを実感しているとの調査結果もあります。

このように、企業がペーパーレス化を推進することで、環境負荷の軽減とSDGsへの貢献というメリットを得られます。

電子帳簿保存法などの法律の改正への対応

ペーパーレス化を進めることで、企業は電子帳簿保存法などの法改正への対応が可能になるというメリットを得られます。2005年に施行された電子帳簿保存法により、従来は紙での保存が義務付けられていた国税関係書類について、一定の要件を満たせば電子データでの保存が認められるようになりました。この法律の施行に伴い、ペーパーレス化を進めることで、紙の書類を電子データで保存できるため保管スペースの削減が可能となり、電子データの高い検索性により必要な書類にすばやくアクセスできるようになります。また、紙の書類を運搬する必要がなくなることでコストが削減できます。

つまり、ペーパーレス化を推進することで、電子帳簿保存法の要件を満たし、合法的に電子データでの書類保存が可能になります。これにより、書類の保管や管理がより効率的になり、コスト削減にもつながるのです。さらに、電子帳簿保存法に加え、近年では個人情報保護法の改正など、企業が電子データの適切な管理を求められる法改正が相次いでいます。ペーパーレス化を進めることで、こうした法改正にも適切に対応できるようになります。

このように、企業がペーパーレス化を推進することは、単に業務効率化やコスト削減だけでなく、法令順守の観点からも重要です。


ペーパーレスの課題と解決策

ペーパーレス化を進める上では、いくつかの課題にも直面します。特に、情報漏洩やセキュリティリスクへの対策、ITリテラシーの向上が重要な課題として挙げられます。ここでは、これらの課題の詳細と、それぞれに対する効果的な解決策について説明します。課題を適切に認識し、対策を講じることで、ペーパーレス化をよりスムーズに進めることができるでしょう。


情報漏洩・セキュリティリスクへの対策

ペーパーレス化を進める上で、情報漏洩・セキュリティリスクへの対策は重要な課題となります。従業員がプライベートチャットツールを業務で使用すると、顧客情報が自動で登録されてしまう可能性や、業務用以外の端末から重要な情報が漏洩するリスクがあります。このように、プライベートツールの使用は情報漏洩につながる危険性が高く、セキュリティ対策が不可欠です。

この課題に対する解決策として、elganaのようなビジネスチャットツールの活用が有効です。ビジネスチャットツールを導入することで、国内のデータセンターでデータを管理し端末に残さない設計、利用可能な端末の制限、社外への情報漏洩防止などのセキュリティ対策が可能になります。つまり、ビジネスチャットツールを導入することで、情報漏洩リスクを最小限に抑えながら、ペーパーレス化とコミュニケーション効率化を両立できるのです。

ペーパーレス化を安全に進めるには、情報セキュリティ対策が不可欠であり、ビジネスチャットツールの活用はその有力な解決策となります。企業はペーパーレス化を推進する際、セキュリティ面での課題にも十分に留意し、適切なツールを選定・導入することが重要です。

 ITリテラシーが求められる

ペーパーレス化を推進する上で、従業員のITリテラシーが課題となる可能性があります。ペーパーレス化では、従来の紙ベースの業務から電子化された業務へと移行するため、従業員にはパソコンやタブレットの基本操作、電子文書の作成・編集・共有、クラウドストレージの利用、メール・スケジューラーの利用、セキュリティ対策の理解などのITリテラシーが必要となります。ITリテラシーが低い場合、新しいITツールの導入に戸惑い、かえって業務効率が低下するリスクがあります。

この課題に対する解決策として、入社時研修やeラーニングによるITリテラシー教育の実施、ITパスポートやMOS資格の取得支援、分かりやすいITツールの導入とマニュアル作成・個別サポート、日常業務でのITツール活用の促進などが有効でしょう。ITリテラシーが高まれば、ペーパーレス化による業務効率化やセキュリティ強化のメリットを最大限に享受できます。

企業は従業員のITリテラシー向上に注力し、スムーズなペーパーレス化を実現する必要があります。ペーパーレス化の推進には、単に新しいツールを導入するだけでなく、従業員がそのツールを適切に使いこなせるようサポートすることが不可欠なのです。ITリテラシー向上のための教育や支援体制を整えることで、ペーパーレス化の障壁を取り除き、その効果を最大限に発揮できるでしょう。

ペーパーレス化成功のポイント

ペーパーレス化を成功させるには、いくつかの重要なポイントがあります。適切なデジタル文書管理ツールの選定・導入、全社的な取り組みの推進、明確な目標設定と評価、社内コミュニケーションの強化などが、ペーパーレス化を円滑に進めるための鍵となります。ここでは、これらの成功のポイントについて、具体的な実施方法と併せて解説します。これらのポイントを押さえることで、ペーパーレス化の実現に大きく近づくことができるでしょう。


デジタル文書管理ツールの選定・導入

デジタル文書管理ツールの適切な選定と導入は、ペーパーレス化を成功させるための重要なポイントです。ツールの選定にあたっては、利用シーン・用途に合った機能を備えているか、既存の業務システムやグループウェアとの連携を考慮しているか、セキュリティ対策が十分かどうか、クラウドかオンプレミスかなど、様々な観点から検討する必要があります。社内文書、顧客向け資料、契約書など、用途に応じて求められる機能が異なるため、ワークフロー機能、権限管理、電子署名など、必要な機能を備えたツールを選ぶことが重要です。また、機密文書の漏洩リスクを避けるため、アクセス権限の細かな設定やログ管理、データ暗号化など、セキュリティ対策が十分かどうかを確認することも欠かせません。

ツールの導入に際しては、一気にペーパーレス化を進めるのは難しい場合があるため、段階的な導入を検討するのがよいでしょう。特定の業務からスタートし、成功事例を積み重ねながら範囲を広げていくことで、スムーズな移行が可能になります。また、新しいツールの活用方法を社内に浸透させるため、十分な研修と運用ルールの策定が不可欠です。ペーパーレス化に合わせて、業務フローの改善や効率化を図ることで、より大きな生産性向上が期待できます。

デジタル文書管理ツールの適切な選定と、段階的でしっかりとした導入が、ペーパーレス化の成功につながります。企業は自社の業務内容や規模、セキュリティポリシーなどを踏まえ、最適なツールを選定し、計画的に導入を進めることが重要です。ペーパーレス化は単なるツールの導入だけでなく、業務プロセスの改善や社内の意識改革も必要となる取り組みです。適切なツールの選定と導入を起点に、全社的な取り組みとして推進することで、ペーパーレス化の真の効果を発揮できるでしょう。


全社的な取り組みの推進・研修や教育の実施

ペーパーレス化を成功させるためには、全社的な取り組みを推進し、従業員への研修や教育を実施することが重要です。まず、ペーパーレス化の目的や必要性を経営層から一般社員まで全社的に周知し、理解を深めることが不可欠です。経営陣からの強力なリーダーシップのもと、ペーパーレス化への取り組みを全社で推進する必要があります。

次に、従業員のITリテラシーには個人差があるため、ペーパーレス化に伴うシステムやツールの操作方法について、十分な研修や教育を行う必要があります。ITに不慣れな従業員がいれば、職場単位で研修を実施し、フォローアップを行うことが重要です。特に、デジタルネイティブではないシニア世代の従業員や経営層・管理職自身のITリテラシー向上が鍵となります。上の世代がペーパーレス化の有用性を理解し、ツールを使いこなせなければ、社内浸透は難しくなります。

このように、全社的な取り組みを推進するとともに、従業員一人ひとりのITリテラシーに合わせた研修や教育を実施することで、ペーパーレス化を着実に定着させることができます。ペーパーレス化は単なるツールの導入だけでは成功しません。経営層のリーダーシップのもと、全社的な意識改革と教育体制の整備が不可欠なのです。ペーパーレス化の目的や効果を全社で共有し、従業員のスキルアップを支援することで、業務プロセスの改善と生産性向上を実現できるでしょう。


目標設定と評価の明確化

ペーパーレス化を成功させるためには、目標設定と評価の明確化が重要なポイントとなります。ペーパーレス化の目標を明確に設定することで、社員の意識付けと全社的な取り組みが可能になり、具体的な目標値(文書削減率、検索時間短縮など)を設定することができます。また、対象部門や導入期間、スケジュールを明確化することもできます。経営層主導で全社的な目標を設定し、社員一人ひとりにも共有することが重要です。

目標達成状況を適切に評価するプロセスも不可欠です。評価を行うことで、目標達成に向けた進捗管理が可能になり、課題を特定し、対策を講じることができます。また、ペーパーレス化の効果を可視化することもできます。評価指標としては、文書削減率、検索時間の短縮率、コスト削減額などが考えられます。定期的に評価を行い、必要に応じて目標や対策を見直すことが重要です。

目標設定と評価プロセスを明確化することで、ペーパーレス化を着実に推進し、業務効率化やコスト削減などの効果を最大化することができます。ペーパーレス化は単なるツールの導入ではなく、業務プロセスの改革であり、全社的な取り組みが必要となります。明確な目標設定と適切な評価プロセスを通じて、全社的な意識改革と継続的な改善を実現することが、ペーパーレス化の成功につながります。

社内コミュニケーションの強化・ノウハウの共有と普及

ペーパーレス化を成功させるためには、社内コミュニケーションの強化とノウハウの共有・普及が重要なポイントとなります。ペーパーレス化に伴い、従来の紙ベースの業務フローが変更になるため、この変更に対する理解を深めるためには、経営陣から一般社員まで全社的なコミュニケーションが不可欠です。ペーパーレス化の必要性と目的を全社で共有し、社内の課題やペーパーレス化のメリットを周知することが重要です。また、社員からの意見を積極的に吸い上げ、不安を解消することも欠かせません。このようなコミュニケーションを通じて、ペーパーレス化への理解と協力を促進することができます。

ペーパーレス化に伴い、新しいシステムやツールの導入が必要になりますが、社員のITリテラシーに差があれば、運用に支障が出る可能性があります。そのため、分かりやすい研修や教育の場を設け、使いやすいシステムやツールを選定することが重要です。また、先行導入部門のノウハウを共有し、他部門に水平展開することで、ペーパーレス化に関するノウハウを社内で共有・普及させることができます。

Web社内報の活用も有効な手段となります。Web社内報なら情報の加筆修正が容易で、社員からのコメントも受け付けられるため、ペーパーレス化に関する最新情報を共有しながら、双方向のコミュニケーションを図ることができます。

ペーパーレス化は単なるツールの導入ではなく、業務プロセスの改革であり、社員一人ひとりの意識改革が必要不可欠です。社内コミュニケーションの強化とノウハウの共有・普及を通じて、全社的な理解と協力を得ることが、ペーパーレス化の成功につながります。

法人事業部 定松 礼倫
法人事業部 定松 礼倫
バンダイナムコゲームスおよび福岡ソフトバンクホークスを経て、SBギフト株式会社に入社。広範な業界経験を活かし、法人向け販促活動やマーケティング戦略立案・実行を担当。特に法人キャンペーン支援において、多数の成功事例を創出してきました。顧客獲得と販促活動でお悩みの企業様、豊富なノウハウを元にした解決策をご提案いたします。お気軽にご相談ください!

お知らせメール登録

使い⽅いろいろ、便利で簡単なデジタルギフト。

まずはデジタルギフトを
無料体験してみてください。

\ デジタルギフトを体験できる無料サンプル付!/

おすすめ資料

ポチっとギフトご案内資料

ポチッとギフトご案内資料

人気記事ランキング

タグ一覧