catch-img

プレミアム商品券(地域振興券)のデジタル化のメリットを解説


目次[非表示]

  1. 1.デジタル化のメリット
    1. 1.1.利便性の向上
    2. 1.2.清算業務の簡素化
    3. 1.3.環境負荷の軽減
    4. 1.4.コスト削減
    5. 1.5.不正利用の防止
    6. 1.6.データ分析の活用
  2. 2.デジタル化で気をつけること
    1. 2.1.インターネット接続の必要性
    2. 2.2.高齢者やデジタル非熟練者への配慮
  3. 3.導入の際に気をつけること
    1. 3.1.運用に必要な人員やコストを把握しておく
    2. 3.2.利用者へのサポート体制の充実

デジタル化のメリット


デジタル化は現代社会において、企業運営の根幹を支える重要な要素となっています。この進化は、様々な分野において顕著なメリットをもたらし、ビジネスの効率化と成長を促進しています。

利便性の向上


電子商品券の導入は、利便性の大幅な向上をもたらします。特定の地域や店舗で使用可能な電子商品券は、専用アプリを通じて取得し、決済時にアプリを提示することで使用できます。このプロセスは、利用者にとっても事業者にとっても、会計の時間を大幅に短縮する利点があります。電子商品券は1円単位で利用可能であり、常に携帯する必要もなく、紙ベースの商品券に比べて満額利用が容易になります。さらに、電子化により感染症対策としての非接触購入が可能となるほか、事務処理の効率化やコスト削減も実現します。

清算業務の簡素化


電子商品券の導入は、清算業務の大幅な簡素化を実現します。従来の紙の商品券では、使用後の券の集計と管理が必要で、これは事務局に郵送するなど手間がかかるプロセスでした。また、紙券の紛失により金額が合わないリスクもありました。しかし、電子商品券の場合、管理画面上で正確な使用量を店舗側と事務局側で確認でき、清算業務の負担が軽減されます。加えて、電子化することで、店舗側はデータの収集と活用が容易になり、紙券の手作業による集計の必要がなくなります。

環境負荷の軽減


電子商品券の導入は、環境負荷の軽減に大きく寄与します。紙商品券の場合、印刷や配布に伴う環境負荷がありましたが、デジタル化によりこれらのプロセスが不要となり、環境に優しい選択となります。特に、商品券の印刷には多くの紙が使用され、これが廃棄される際に環境への負荷を生じさせていました。電子商品券の場合、スマートフォンと連動し、アプリを通じて管理されるため、印刷費や管理スペースの削減が可能です。これにより、紙の消費と廃棄物の削減が実現し、地球に優しいサービスとなっています。

コスト削減


電子商品券の導入によるコスト削減は、多方面にわたるメリットを提供します。データの自動集計と管理により、時間的、人的コストが削減される点が特に重要です。これに加えて、紙ベースの商品券に必要な印刷や郵送などの費用が節約できます。さらに、事務処理の効率化や回収処理のコスト削減、加盟店の入金処理の迅速化、製造期間の短縮化といった要素もコスト削減に貢献します。デジタル化されたプレミアム付商品券は、人的負担の軽減や、データ集計の自動化によって、非接触決済の実現と、1円単位での使用可能性を含めた利便性も高めています。企業側では、使用状況のデータ管理や、顧客の属性情報取得など、顧客開拓や育成にもつながるコスト削減の効果があります。

不正利用の防止


プレミアム付電子商品券は、システムが利用回数や上限金額を自動で管理するため、不正利用の防止が可能です。紙媒体と違い、第三者に渡ることなく、盗難や不正譲渡の心配もなく、安全性が高まります。さらに、利便性の向上も大きなメリットであり、決済や会計時の手間が削減され、加盟店と利用者に利便性を提供します。また、紙媒体の商品券では必要だった発行側の印刷や郵送、加盟店側の使用状況提出などの作業が不要となり、職員の負担が軽減されます。電子商品券では使用状況のデータが自動で蓄積されるため、即時のデータ確認が可能で、データ集計の手間も省けます​。

データ分析の活用


電子商品券のデジタル化は、データ管理の強化、顧客情報の収集、顧客関係の育成、アプリとの連携を通じたマーケティング戦略の強化に寄与します。デジタル商品券は、紙の商品券と比較して、購入・使用された数や金額、使用された日時や店舗などのデータをリアルタイムで集計し、スタッフの負担を軽減できます。
さらに、顧客がデジタル商品券を利用する際に登録する年齢、性別、住所などの属性情報は、顧客層の分析に活用できます。また、新規顧客の獲得や既存顧客の継続的な利用を促進するためのマーケティングツールとしても機能します。さらに、スマートフォンアプリとの連携により、商品券の利用が容易になり、情報発信やクーポン配布、店舗検索などのサービス提供が可能になります​​​。

デジタル化で気をつけること


デジタル化が進む現代社会において、ビジネスや生活のさまざまな面でデジタル技術の活用が不可欠となっています。しかし、この進展には様々な注意点が伴います。特に重要なのが、インターネット接続の確保と、高齢者やデジタル非熟練者への配慮です。これらはデジタル化を進める上で欠かせない要素であり、これらに適切に対応することが、スムーズなデジタル化への道を開く鍵となります。

インターネット接続の必要性


電子商品券の導入には、インターネット接続が必要不可欠です。これは、消費者と加盟店が電子商品券を使いこなすための基盤となる技術です。利便性の向上が最大のメリットであり、紙媒体の商品券と異なり、枚数を一から数える必要がなく、差額の小銭支払いなどの手間を省けます。また、会計が簡単で、スマホやICカードなどに表示されるコードを読み込むだけで会計が完了するため、利用者と事業者双方にとって、時間の短縮が可能です。
電子商品券サービスでは、スマートフォンのGPS機能を用いた加盟店検索機能や、QRコードを表示して決済する支払い機能など、デジタル技術が中核をなしています。これにより、加盟店と利用者は、インターネット接続を通じてスムーズに取引を行えるようになります​​。インターネット接続の確保は、電子商品券の効率的な運用と、そのメリットを最大限に活かすために重要です。

高齢者やデジタル非熟練者への配慮


日本総研の報告によると、高齢者のデジタル・ディバイド問題は顕著です。2020年の内閣府の調査では、60~69歳の約25.7%、70歳以上では約57.8%の高齢者がスマートフォンやタブレットを「ほとんど利用していない」または「利用していない」と回答しました。このデジタル・ディバイド問題の解決には、高齢者がデジタルデバイスの利便性を理解し、関心を持つような施策が必要とされています。例えば、民間企業が行う「スマートフォン体験ツアー」のような取り組みが効果的であり、高齢者のデジタルデバイスに対する需要を喚起することが重要です。
また、各自治体では独自の取り組みを実施しています。総務省は「デジタル活用環境構築推進事業」として、オンラインサービスの利用方法に関する説明会を開催しており​​、加賀市では高齢者を対象にマイナンバーカード対応スマートフォンの購入助成を行っています​​。これらの取り組みによって、高齢者がデジタル技術を使いこなせるよう支援していることが分かります。


導入の際に気をつけること


導入の際に気をつけるべき点はいくつかありますが、特に重要なのは運用に必要な人員やコストの把握、そして利用者へのサポート体制の充実です。これらの要素は、システムやサービスをスムーズに運用し、利用者にとって価値あるものにするために不可欠です。

運用に必要な人員やコストを把握しておく


電子商品券の導入には、紙の商品券に比べてコスト削減のメリットがあります。従来の紙ベースの商品券は、印刷、郵送、販売窓口での人件費など、多くのコストが発生していました​​。一方で、デジタル化することにより、これらの印刷や郵送の費用、人件費を削減できる点が大きなメリットです。デジタル商品券はスマートフォンやタブレット画面上から利用できるため、物理的な在庫管理や輸送の必要がなく、結果として金銭的なコストや人員の負担を軽減できます​​​​。

電子商品券は自動的にデータが集計、管理されるため、時間的・人的コストの削減が期待できます。さらに、プレミアム付商品券の電子化により、購入希望者が販売所に殺到するリスクを排除し、非接触による感染症対策も図れます​​​​。これらの要素は、デジタル商品券の導入と運用を考える際に、重要なポイントとなります。

利用者へのサポート体制の充実


企業が電子商品券を販促に導入する際には、利用者サポート体制の構築が重要です。まず、ターゲットや目的に合わせた企画を明確にし、利用者が簡単に利用できるように直感的な画面遷移や操作性を提供することが求められます。また、支払い方法には様々なオプションを提供し、利用者が近くの加盟店をスマートフォンのGPS機能を使って簡単に検索できるような機能を実装することも重要です。さらに、加盟店にとっても導入負担を抑えるため、ブラウザを通じた決済サービスを提供することが効果的です。これらの体制を整えることで、電子商品券の導入はより効果的な販促ツールとなります。

SBギフトではプレミアム商品券のデジタル化などの自治体向けサービスを提供しています。

くわしくはこちら

  自治体向けサービス 各自治体様の地域振興策や出産・子育て応援施策についてSBギフトが提供できるサービスをまとめています。施策のデジタル化等に関してご不明点のある方はお気軽にご相談ください。 SBギフト株式会社



法人事業部 熊谷 理子
法人事業部 熊谷 理子
2023年SBギフトに入社。法人営業として幅広い企業のお客様へデジタルギフトをご提案する傍ら、ブログの執筆などお客様のお役に立てるコンテンツを日々追究中。デジタルギフトのお悩みやキャンペーンのご相談などお気軽にお問い合わせください!

お知らせメール登録

使い⽅いろいろ、便利で簡単なデジタルギフト。

まずはデジタルギフトを
無料体験してみてください。

\ デジタルギフトを体験できる無料サンプル付!/